news

2025.8月下旬〜9月初旬 個展開催予定(札幌)
この度の開催で5回目となり開業後丸10年の節目となります。 
こちらから メールアドレスをご登録いただけましたら、開催のご案内を差し上げます。
こちらのページでは、過去開催の個展の様子がご覧いただけます。
一本でも多くの新作をご覧いただけるように準備して参ります。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
2024.5.6 9:15
「about Kudzufu」のページを更新
https://kuzunonuno.com/about-kudzufu/
2024.5.4 11:41
新作帯地を掲載
Mantle
https://kuzunonuno.com/mantle/
こちらの帯地は現在ご購入が可能です。storeに掲載しております。お問い合わせはcontactよりお寄せください。
2024.3.21 9:00

see more …

about us

緯糸:葛 手績み糸(北海道)
経糸:絹 座繰り糸(群馬県 蚕絲館

染料

フキノトウ、フジ、アカソ、ドングリ、イタヤカエデ、ゲンノショウコ、メマツヨイグサ、ヌルデ、ノブドウ、クリ(以上は札幌市手稲区で採集)
藍(蒅/三重県)、ラックダイ(市販)

織り機

高橋治株式会社製 着尺機(京都府)

制作

雪草 Sessou
染織家 葛布帯作家

1999 札幌で織りを始める
2001 葛の糸、葛の布に取り組み始める
2003 大井川葛布に葛の糸の取り方と作り方を習いに行く
2011 大井川葛布に葛布織り、葛布の染め、仕上げの工程を習いに行く
2013 札幌・手稲山麓に土地を得て制作の拠点とする
宮城県生まれ 東京都→千葉県→宮城県→北海道育ち

葛布に辿り着いた経緯 
雪草乃記(〜2022.6.4) 
雪草乃記 Ⅱ(2022.6〜2023.11/note)
雪草乃記 Ⅲ (2023.12〜)


織っているのは確かに私ですが、私一人で作っているのではありません
土、水、風、空気、微生物、人、太陽、そしてその循環
自然の営み、見えるもの見えないもの
コントロールの効くもの、効かないもの
人と布の関わりの歴史
素材との対話の膨大な蓄積
道具、糸、その技術が受け継がれてきた背景と経緯、それらを繋ぐたくさんの人々
全ての繋がりがあって生まれる
全てを書き切れる訳ではありませんが、せめてその気持ちだけは表したく、自己紹介を「about us」としています

現在は北方民族の文化に興味を持ち探究中、全てのものづくりの根源的な起こりは作り手と使い手が一致していただろうこと、それゆえに時の刻まれたものには日常でありながら非日常的な美が宿るだろうことに感銘を受けます
特に衣服とそのための繊維植物において日本の文化と北方系の文化の狭間に位置する北海道で葛布を織ることの特異性を考え、静岡に伝わる手法を大切に繋ぐこと、使い心地・持ち心地良く帯として布として最後まで使い切っていただけるものづくりをすること、それらの具現化を志し制作しております


Exhibitions

2017 個展「葛の布 帯展」 /ギャラリー門馬ANNEX
2019 個展「葛の布 帯展ー無地とその周辺ー」 /ギャラリー門馬
2021 個展「葛の布 帯展ー色、文様ー」 /指月ギャラリー
2023 個展「軌跡、時と」 /ツキガタアートヴィレッジ
2025 (予定)個展 「タイトル未定」/札幌

Past Exhibition Photos


メディア掲載

北海道新聞 2023/4/10
美しいキモノ 2021/06/12
北海道新聞 2019/5/8
北海道新聞 2017/9/6


お取り扱い店

せき呉服店(札幌)
染と織たかはし(岡山)

※お取り扱い状況については各店舗へお問い合わせいただけますと幸いです。

contact

お問い合わせ

ご購入のご相談や制作のご依頼、展示会のお知らせ(メール)のご希望を承ります。
以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。
その他のお問い合わせやご連絡のある方もこちらのフォームをご利用ください。

    ・メールアドレスはお間違えのないようにご入力ください。
    ・自動返信メールが届かない場合は、メールアドレスをお間違えの可能性がありますので、再度送信してください。
    ・留意事項及び特定商取引法に基づく表記はこちらをご確認ください