upas 8

upas 8 

「upas」は、アイヌ語で「雪」を表す。水分を含んだ雪の青さ、空の青と雪の白の対比、モノクロームな世界、美しいが時に牙を向く、豊かで厳しい雪。

upas(雪)は、私の重要な制作テーマで、今回で8作目となる。全体のプランとしては7作目と同じ。しかし微妙な色合いやグラデーションの様子はもちろん違う。

お太鼓

お太鼓

内側には青と灰色が覗く。雪の中の青・モノクロームな世界。

リバーシブルでお締めいただくと、このようになる。

お太鼓の内側を表にすると、このようになる。

青い部分は特に「海」が思い起こされるというご感想を頂くことも多く、私自身、織りながら海の風景が見えていた。それもそのはず、雪の元は雲で、雲は海からやってくる。そのようなものを全て内包しながらも、ごくシンプルで、デザインと葛・絹の特徴がとても良い形で合わさり、締めてこそのデザインとなっている。

こちらの帯地は、ご依頼を受けて制作いたしました。持ち主様の健やかで穏やかな暮らしの一助となりますように。誠にありがとうございます。

upas 8
八寸帯地 葛布

経糸 絹 座繰り糸(群馬県)
緯糸 葛 手績み糸(北海道)
生成り、藍、メマツヨイグサ