葛布六寸帯地・八寸帯地 ponrayta

ゲンノショウコがグレーの染料になると知ったのはいつだったろう
庭に生えているのを見つけた時は嬉しかった
以来、刈り取らずにそれとなく保護しながら増やしていて、今年は染料として十分な量が採れた

乾燥させてからでないと色が出ないという
通常、草を染料にする場合は、鮮度が命と思うから、どこか気が急いてしまう。でもゲンノショウコは、数日かけて良さそうなものをピックアップして少しずつ採り溜めることができるし、染めも自分のタイミングで良い。落ち着いて仕事ができる。
乾燥して保管できるというのも有り難い

グレーに染まると思ったら、絹は赤みがかった茶とも黒ともつかぬ、不思議な色合いになって、初めは驚いた

手前が絹 座繰り糸、奥が葛の繊維。ゲンノショウコ染め(鉄媒染)

思えば、芽出しの頃の葉も、成長してからの茎も、赤みを帯びる。その赤なのか

春、芽出し
夏 花を咲かせる頃

一方、葛の繊維はマットなグレーに染まる。通常、葛の繊維は割と透明感を残したまま染まるのだが、ゲンノショウコの場合はそうならず、絵の具のベタ塗りのような雰囲気を纏う
なんとも不思議な染料である

ゲンノショウコの花

7月末頃から咲き始める花は白。中にはほんのりピンクがかるのもある。赤いのもあるらしいが見た事はない。

小さいが、雌蕊の赤に雄蕊の紫が鮮やかで、可愛らしく、存在感がある。

秋につけるタネがまた何ともユニークで、メリーゴーランドのよう

タネを飛ばした後

しかしこのメリーゴーランドは、「タネを飛ばした後」の形だと知ったのは今年(2021)。
タネを飛ばす前はこの形

タネを飛ばす前

メリーゴーランドの先っぽの丸い部分にタネが入っていて、これが弾けることで遠くへ飛ぶ
天気が良い日には、飛んだタネがあちこちにぶつかる音がパチパチする
私の顔にも当たって痛かった

9月中旬 赤とオレンジと黄色と 紅葉が綺麗

前置きが長くなった

この、ゲンノショウコの色を確かめたくて、「ゲンノショウコ」というタイトルの六寸帯地を織った

六寸帯地ponrayta
僅かに潜む紫は雄蕊の色、赤は雌蕊の色 または、芽出しの赤、茎の赤。   生成りの白は、花の白

色の濃い部分は、経も緯もゲンノショウコ染めの糸
なんという色、光沢だろう
ゲンノショウコの持つ色素が全部詰まっているのだろうか

八寸帯地もご依頼を受け制作

ご依頼主さまのお好みと雰囲気に合わせて、僅かに含ませる色味と配列を微妙に変えた


お太鼓は濃い色

お太鼓表側

リバーシブルで内側を表に出してお使いいただける想定

お太鼓内側(リバーシブル使用時)

お太鼓の内側は緯糸に生成りの薄い色

ゲンノショウコは現の証拠、腸の調子を整える事で知られる
アイヌ民族もお腹の薬として用いていたそうだ
調べるとアイヌ語は「ponrayta(ポンライタ)」

「 pon(小さい)rayta(人体に粘着するさく果)」という意味なのだそうで
タネは飛ぶだけでなく粘着するのだろうか?
(参考:アイヌと自然デジタル図鑑「ゲンノショウコ」) 



葛布六寸帯地 ponrayta

緯糸 葛 手績み糸(北海道札幌市)
経糸 絹 座繰り糸(群馬県安中市)
染め ゲンノショウコ、ラックダイ(紫鉱)、コチニール + 生成り
  六寸一分
  一丈一尺一寸二分

経糸密度 57本/寸(片羽)


葛布八寸帯地 ponrayta

緯糸 葛 手績み糸(北海道札幌市)
経糸 絹 座繰り糸(群馬県安中市)
染め ゲンノショウコ、ラックダイ(紫鉱)、コチニール + 生成り
  八寸二分
  一丈三尺四寸

経糸密度 57本/寸(片羽)
緯糸密度 12本/cm


どちらも良いご縁をいただきました。ありがとうございました。
持ち主様の暮らしを彩り、末長くご愛用いただけますように。