葛布八寸帯地「待宵草」

庭のメマツヨイグサで染めた糸を主軸に、メマツヨイグサの生きる様子と四季を織り込んだ

メマツヨイグサ一年目

地中深く根を張り力を蓄え 翌年一気に伸び、鮮やかな黄色の花を日暮れ後に咲かせ、翌朝にはしぼむ。花は夏の終わりから雪の降る頃まで ずっと咲き続け 種を作り続け、落とし続ける。開花と結実が時間差で次々と起こっていく。

こんなにはっきり花が開いているのは夕方〜早朝にかけて。日中には萎む

ひとつひとつの花は儚いが 皆が力を合わせて大量の種を残し 次代に繋げる。

雪の降る頃までずっと花を咲かせていたのには本当に驚いた。なんという粘り強さだろう。

そんなメマツヨイグサは ベニスズメの幼虫の食草。
幼虫は葉と未熟な種を食べ蛹になり 翌春 ピンク色の翅を広げて飛び立つ。

染めた糸は 濃いグレーの中に紫が潜む。
ベニスズメの翅の色の ベースにもなっているのだろうか。

右:メマツヨイグサ染め 絹 座繰り糸
右:メマツヨイグサ染め 座繰り糸。ベースに紫がある微妙な色合いは、添わせる糸の色味により、前面に出る色が違って見える。写真は色味の自動調整のための違いでもあるが、実際もこのくらい違うように感じる

お太鼓とお太鼓裏。リバーシブルでお使いいただけるようにしている。

お太鼓
お太鼓裏。こちらを表側にして締めても良いと思う

お太鼓〜前帯の間は大きな格子
紫ベースのメマツヨイグサ染めの糸の合間に、花の色の黄色、そしてベニスズメのピンク

前帯中心あたり

経糸は節糸を主に使っているので全体的にワイルドな印象。これも力強く根強く生きるメマツヨイグサそのもののように思えた

周りにピンクや紫がないとメマツヨイグサの紫は影を潜め、茶に近い色味に見える

メマツヨイグサの生き様にすっかりファンになってしまいblogにもその経緯を書いている
https://sessou-kuzunonuno.tumblr.com/post/627558204153397248/

開花の瞬間にも驚いた
https://sessou-kuzunonuno.tumblr.com/post/626613000943681536/


その生き様を、写しとれただろうか

緯糸 葛 手績み糸(北海道札幌市)
経糸 絹 座繰り糸(群馬県安中市)
染め メマツヨイグサ、藤、ラックダイ、ドングリ、ふきのとう + 生成り
  八寸一分
  一丈三尺三寸

経糸太さ種類 210中節糸、200中節糸、173中本糸、175中本糸
経糸密度 76本/寸(丸羽)
緯糸密度 13本/cm

¥未定(近日中に公開します)

こちらの帯地は2021.5.14〜5.17に開催する「葛の布帯展」にて展示し販売いたします