komorebi

葛布八寸帯 / ぼかし 『木漏れ陽』

葛布八寸帯地『橡、蕗の薹』

  八寸二分 (約31cm)
長さ 一丈三尺七寸 (約517.8cm)
緯糸 葛(北海道札幌市 手績み糸)
経糸 絹(群馬県安中市 座繰り糸)
染め 藤、蕗の薹、団栗

葛布八寸帯地/ぼかし

秋、葉を落とした樹々の隙間から陽のさす森
柔らかな風 地面に落ちた枯葉の上に揺らめく光
光と影と 森の中の風景

経糸の座繰り糸は私の使う中で最も細い それに合わせて葛の糸も細く 繊細な帯地となった 布として大変美しいと感じます

お太鼓部分の緯糸の葛は生成り 内側は団栗染めのグレーと藤染めの黄で 途中から色が切り替わる 同様に 手先も左右で色が変わります
お太鼓部分はリバーシブルでお使いいただけます

葛布八寸帯地『木漏れ陽』
お太鼓 写真右奥は手先
葛布八寸帯『木漏れ陽』
締める時に お太鼓内側を返してリバーシブルでお使いいただけます

訳あって仕立てた後に湯通ししました
そのため、布と糸の持つ歪みがポコポコと出ていますが 葛と絹の息遣いを感じるようでもあり、素朴な雰囲気が出、更に帯として扱いやすくなった感じもします
これはこれで良いと思えました

葛布八寸帯『木漏れ陽』

私の織る葛布の中では最も薄い しかし布として大変美しいのでこのまま使いたい
そこで、継続して自分で使ってみることにしました
繊細で柔らかながらもハリのある葛布の帯
展示会等、直接お会いする時にはご覧いただけるかと思います

葛布八寸帯『木漏れ陽』

同様の帯地を今後も制作することは可能です
お問い合わせください

葛布八寸帯
仕立てたまま湯通ししてみた時の様子