葛布八寸帯地 DAWN

夜明け前の紫を見たくて、毎早朝、空を眺めた
紫が見えることは叶わなかったが、夜明けと共に刻々と変化する空の色は毎日違って、いつもと変わらぬ一日が始まる

夜明けを表す英語の「DAWN」は、他に、物事の始まり・兆し・分かり始める、といった意味がある

何か新しいことが始まるかもしれない
新しい発見があるかもしれない

札幌の冬の 夜明け前の色彩

葛布八寸帯地「DAWN」

色が左右で違うので 渦巻きを反対側から撮ると また違った雰囲気
そういえば 夜明け前の西の空はこんな風な紫かもしれない

葛布八寸帯地「DAWN」

お太鼓は内側に濃い紫と青
太陽の当たらない地球から見た空の色、夜明け前の色

お太鼓柄
お太鼓内側
詳細

内側を表にしてリバーシブルでもお使いいただける想定ではあるが、
どうも賑やかになりすぎる
太陽の影に隠れて主張するぐらいのバランスがちょうど良いのかもしれない
「闇」は膨大なエネルギーを秘めていることの比喩にも思えた

前帯の緯糸、葛の糸は生成り

前帯
太陽の白い光の中の 秘めた色

手先はほんのり茜色 庭に植えて増やした日本茜で染めた
言われないと分からないくらいだが 左右で出る色が違うようにした
それにほとんどお太鼓に隠れる

手先

紬や小紋はもちろん、色無地や付け下げにもお使いいただけるのでは?と考える

葛布は最上級の公の場に用いられていたらしい歴史があるそうだ
京都の伝統行事・蹴鞠の袴として葛布が用いられているのも その名残かもしれない
今の着物の約束事が一般的になる以前は 逆にこのような光沢を出す織り方の葛布を日常に用いることの方がタブーだったのかも と想像が膨らむ

実際、葛の独特な光沢とハリは 柔らかい着物にも良く馴染む

座繰り糸
経糸 座繰り糸 
緯糸 葛の糸
葛ツグリ

緯糸 葛 手績み糸(北海道札幌市)
経糸 絹 座繰り糸(群馬県安中市)
染め 藍、ふきのとう、日本茜、ラックダイ(紫鉱) + 生成り
  八寸一分
  一丈三尺四寸

経糸太さ種類 175中本糸、200中本糸、180中本糸、210中節糸、230中節糸
経糸密度 60本/寸(片羽)
緯糸密度 11〜13本/cm

※ご購入前に必ずこちら(通信販売に関するお知らせ)をご確認ください。

葛布八寸帯地「DAWN」

葛布八寸帯地「DAWN」

¥293,000

今すぐ購入する