絹葛布八寸帯地 無地

団栗染 + 生成り

橡(つるばみ)

“絹葛布八寸帯地”

幅  八寸一分 (約30.6cm)
長さ 一丈三尺九寸 (約525.4cm)

緯糸 葛(札幌産 手績み糸)
経糸 絹(ぐんま黄金 座繰り糸)


お太鼓

“絹葛布”

内側に覗くのは橡色(つるばみいろ) 団栗染めの鈍色です
微かに表にその色が滲み 濃色との対比も相まって 生成りが一段と生成りらしく引き立ちます

お太鼓の内側を通り ちらりと見えるテ先も 同様に鈍色
写真向こう側に見えている部分がテ先

とにかく無地であるがゆえの 葛の糸と絹の糸の表情が際立ち それはあまりにも美しく
もう無地しか織れない気持ちに 拍車がかかる
もし何か文様を施すとすれば 糸、布が ますます美しく その表情が際立つような方向性と確信を持てた時か
または その文様に 何かの必然性がある時か
そのような気持ちになるほどに 素材自体に力があり
無闇に手を出せば その美しさを殺すことになりかねない
自然布は やはり 生成り それに勝る色、柄はありません


葛の糸は経年により茶色がかっていきます
一方 経糸に用いている ぐんま黄金 という品種の蚕の糸は 今は綺麗な黄色ですが 徐々に抜けていき 白っぽくなっていくそうです
時とともに 変化する葛と絹の様子も また 楽しみの1つになるかとも思います



前帯部分も生成り・無地です
お太鼓内側の鈍色は季節や気分、合わせる着物によってリバーシブルでお使いいただけます

お問い合わせは「contact」より どうぞお気軽にお寄せください



"Kimono obi"へ戻る


2018 Sessou