八寸帯地

藍・茜・団栗・蕗の薹
経ぼかし
シルペケレ(sirpeker/夜明け)


経ぼかし葛布八寸帯地

幅  八寸二分 (約31cm)
長さ 一丈3尺5寸 (約510cm)
重さ 180g

緯糸 葛(札幌・手績み糸)
経糸 絹(ぐんまシルク、国外産柞蚕糸)

染め 藍、茜、団栗、蕗の薹
   生成り

布端の左右で色を変えているので、うずまきの写真が二種類になっています

お太鼓の想定



お太鼓の裏側は団栗の灰色

ですので、季節や気分、合わせる着物によってリバーシブルでお使いいただけます

手先も うっすらと 左右で色が違います

前帯部分


こちらの帯は良いご縁をいただき 出来上がってすぐに私の手元を離れました
大変有難うございます
末長くお手元でご愛用くださいますように
お気付きの点やご相談などがありましたら ご連絡ください

雪草



"Kimono obi"へ戻る


2018 Sessou