繊維を取るための蔓を採取するときには葉を落とします
その落とした葉を集めて染料とし 絹・座繰り糸を染めました

経糸の絹糸を葛の葉で染め
蔓から取った繊維を緯糸に 布を織り
仕上げに根から取れる葛粉の糊をかけると
一度離れ離れになった葛の 葉、蔓、根が 布となって再び出会い混ざり合う

アイヌ語で葛のことをオイカラ(oykar)と言うそうです
『oykar(オイカラ/葛)』というタイトルの帯地を間もなく織ろうと思っています

葛の蔓と葉
採取した蔓と 葛の葉