八寸帯地

藍・茜・藤・団栗・蕗の薹
経縞
ノンノ(nonno/花)



幅  8寸1分 (約31cm)
長さ 1丈3尺5寸 (約510cm)
重さ 195g

緯糸 葛(札幌・手績み糸)
経糸 絹(ぐんまシルク・機械製糸)

染め 藍、茜、藤、団栗、蕗の薹
   生成り

お太鼓の想定


お太鼓は濃い色、タレ部分は葛生成りと経糸の色
リバーシブルで 逆にもできます
(お太鼓が明るい色、タレ部分が濃い色)

仕立てを少しずらすと、このようにもできます

前帯柄で 濃い色と明るい色が切り替わります 完全に中心ではなく少しずれるようにしていますが それも仕立てと着方次第になるかと 思います

手先は いつものように 左右で色が違います
端っこを灰色にしています この色を出す出さないも お好みで

分かりづらいですが、お太鼓部分は濃い色と明るい色が合わさり 表裏で色味が違います
よって、リバーシブルでの利用ができるようにしています

全体

明るくカラフルな色合い
アイヌ語で「ノンノ(nonno・花)」と 名付けました

こちらの帯地に関してのお問い合わせはContact からお気軽にどうぞ

雪草



"Kimono obi"へ戻る


2018 Sessou