葛布の帯の特徴と取り扱い


当工房で制作している葛布の帯の特徴は以下のとおりです
どうぞ末永くお使いくださり、素材の持つ風合いと変化をお楽しみください


布について

・経糸に絹生糸、緯糸に葛を使っております。どちらもホコリが出ません
・最初はかたく張りがありますが、経年により柔らかくなり、感触や色も変化していきます
・大変軽く、薄いので、腰や体への負担が少ないです
・折り目やシワは多少残ります
・見た目は滑らかでありつつも滑りにくいので締めたら緩みません

色について

・植物染料を使用しております。色移りや色落ちのないよう仕上げておりますが、水濡れや汗、擦れ、濡れた状態で長時間置く、などで色が移る可能性がありますのでご留意ください。必ず乾燥した状態で保管、ご使用ください
・発色と色の定着のため、触媒剤として、金属(鉄、銅、アルミ)を使っています

糊について

・帯には葛粉の糊がかかっています。張りを出すためではなく 糸の保護と、経糸と緯糸を良く馴染ませ捩れを防ぐ目的ですのでごく少量です

お手入れについて

・締める際に折った部分は、折り目の劣化を防ぐため、オフシーズンには元に戻して収納することをお勧めします。また、保管の際には湿気やカビなどに十分ご注意ください

・締めた時のシワは、畳んで収納しておくことにより多少落ち着きますが完全には消えません。気になる場合はアイロン(中温・当て布)をかけていただくこともできますが、絹を使っておりますので、高温アイロンや当てすぎはお避け下さい

・半幅帯、角帯で芯の入っていないもの(一枚仕立て)は、軽く水洗いも出来ます。水かぬるま湯に浸し、押し洗いしてください。素材と色の保護のため洗剤のご使用はお勧めしておりません
洗った後は絞らずに、タオルなどで水分を吸い取り、織り目を整え、干してください。洗う前とは風合いは変化します。もし、ご希望に沿わない形で風合いが変化してしまった場合は 当工房で洗い張りを承りますのでご相談ください
・八寸帯の場合は型崩れの可能性もありますのでご注意ください。芯を入れて仕立ててある場合は水洗いはお避け下さい
・経糸に絹を使っておりますので、水洗い、アイロン共、素材の保護のため頻度はなるべく少なくしてください。1〜2シーズンに1度くらいが妥当かと思います

・ご不明な点はお問い合わせください



(2018.8.10)

"About"へ戻る


2018 Sessou