About


手から手へ 人から人へ

札幌に自生する葛から作られる 手績み手織りの 葛布の帯

葛の持つ 生命力 しなやかさ 美しさ

それらを 余すところなく伝えられるような 素材の息遣いの感じられる
使い心地の良い帯づくりを心掛けています

末永くお使いいただき
皆さまの暮らしを美しく彩りますように




葛布のこと 葛のこと 織り染め暦

葛布の帯の特徴と取り扱い



緯糸:葛 手績み糸(北海道)
経糸:絹 座繰り糸(群馬県 蚕絲館
経糸:絹 機械製糸による(群馬県)
経糸:絹 機械製糸による(国外)

染料

蕗の薹、藤、蓬、赤麻、団栗(北海道)
藍(三重県・北海道)

織り機

高橋治株式会社製 着尺機(京都府)



赤麻
蕗の薹
生成り
団栗




 
渡邊志乃(雪草)
Shino Sessou WATANABE

1972 宮城県生まれ 北海道育ち
1999 札幌で織りを始める
2001 独学で葛の繊維採取と葛布織りに取り組み始める
2003 静岡県・大井川葛布 で葛の繊維採取と糸績みの方法を学ぶ
2011 静岡県・大井川葛布で葛布の染色、織り、仕上げの工程を学ぶ
2011 葛布の帯の試作を始める
2014 葛布の帯の販売を始める


制作におけるコンセプト ビジョン 考え(note)
染め・染料について(note)
北海道における新しい自然布について(note) 
雑感(note) 


葛布に辿り着くまでの経緯



2018 Sessou